遺伝子治療の有用性の動画です

がん治療の難治性と遺伝子治療

がん治療の難治性はがん細胞の不均一性にあります。細胞分裂の周期はG1、S、G2、Mの4つのステップがあります。

そのひとつに細胞を増殖させるために発現するCDC6タンパクがあります。正常細胞では1回の細胞分裂サイクルに1度だけG1期に発現しますが、がん細胞においてはCDC6が細胞分裂の全周期に現れます。

CDC6タンパクはがん細胞に豊富に存在し無限増殖を行う因子です。
このCDC6の大量発現によって、がん細胞では無限増殖、がん抑制遺伝子の不活性化などが起こり、がん細胞を増殖させる一因となります。

RT181遺伝子治療はこのがん増殖に関与するCDC6を遺伝子レベルで消去して、がん細胞の遺伝子を正常な遺伝子に導きます。

細胞増殖の周期 ガン遺伝子治療サポートセンター

私たちの体の細胞内では大切な遺伝子情報を保護する役目がある細胞内の染色体に存在するテロメアがあります。

人間の細胞では年齢を重ねるとともにテロメアは短くなってきますが、がん細胞ではテロメラーゼという酵素が活性することで、テロメアが短くならないことが知られています。

がん細胞のテロメアを修復させる作用も遺伝子治療にはあります。活性を抑制するとがん細胞の分裂が遅くなり、より正常細胞に近づきます。

がん遺伝子は細胞の増殖を担う正常な遺伝子の変異です。がん遺伝子と正常遺伝子の違いはわずかな違いしかありません。

がん遺伝子の変異タンパク質は数個のアミノ酸しか違わないことが分子レベルでわかってきました。しかしこのアミノ酸の違いがタンパク質の機能を大きく変えてしまいます。

がん細胞に大量に発生しているCDC6タンパクをRNA(リボ核酸)干渉により、がん細胞の遺伝子を正常な遺伝子に戻すことが遺伝子治療のです。

伝子治療薬RT181(CDC6)は正常細胞には干渉しませんので術後の再発を抑える効果も期待できます。

がん遺伝子治療RT181(CDC6)RNA治療は、大きな副作用がなく、治療によって体調が改善する可能性が大きいことから、進行がんや再発がん術後補助薬物療法(アジュバント療法)としては、従来の治療以上に、安全で期待できるものと考えられます。

がん遺伝子治療の原理

がん遺伝子治療の原理

1)遺伝子治療とは、がん細胞が生成する特殊なタンパク質にのみ反応する機能を、遺伝子に組み替えでいれた新しい活性タンパク質です。これは正常細胞には侵入せず、がん細胞だけに侵入し、がん細胞の増殖周期を遮断して、その増殖をとめます。

2)正常細胞には「P53」と呼ばれる遺伝子がかかわり、正常細胞の増殖周期をコントロールしています。がん細胞ではこの遺伝子が正常な機能を果たせず、増殖周期が無軌道となり、これががん特有の異常増殖になっています。 これに対して、遺伝子治療では「P53」を有効に働かせ、活性化させる酵素を生成することによって、がん細胞の活性を遺伝子複写の調節コントロールを通して、増殖周期を遮断されたがん細胞(がん巣)を縮小させます。

3)縮小したがん細胞(がん巣)は、抑制遺伝子の働きで正常な細胞に変化させます。

サポートセンターと提携をしている医療機関です

遺伝子治療の治療効果を最大限高めるために、がんの部位、進行度、全身状態などを正確に把握したうえで治療の手順や方法は医師とのインフォームドコンセント(説明と同意)にもとづいて行われます。

サポートセンターにご連絡いただければ遺伝子治療を受けられる医療機関をご紹介致します。 また、医師との日程調整も致しております。

提携医療機関

藤木病院
院長 藤木龍輔 遺伝子治療の相談が受けられます。
〒930-0261 富山県中新川郡立山町大石原225番地

村上内科医院
院長 村上正志
〒607-8041 京都府京都市山科区四ノ宮垣ノ内町1

杉原医院
院長 杉原伸夫
〒662-0813 兵庫県西宮市上甲東園3-6-21

今光ホームケアクリニック
院長 小山倫浩
〒808-0071 北九州市若松区今光1丁目9-10 医療法人

ナチュラルアート クリニック
院長 御川 安仁
〒102-0085 東京都千代田区六番町6-5 アンドロイドビル2F

いわかみクリニック
院長 岩上真吾
〒344-0061 埼玉県春日部市粕壁6947-1 プラザビル103

日本のがん治療は世界的にみても最高レベルです。
しかし日本における遺伝子治療はまだ治験の初期段階です。
一部の方のみしか受けられないのが現状です。

  • 遺伝子治療薬RT181 cdc

    遺伝子治療薬RT181は保険適用になっておりません

    遺伝子治療薬RT181(cdc6)「核酸活性タンパク複合体」はアメリカで開発され、中国で製造承認された薬剤です。

    遺伝子治療薬RT181(cdc6)は海外の政府系医療機関が安全性と効果を確認して承認されておりますが、日本では厚生労働省の承認が得られなく国内では保険適用になっていない薬剤です。

    海外から遺伝子治療薬を輸入するためには厚生労働省への薬事申請が必要です。ガン遺伝子治療サポートセンターの遺伝子治療薬は正規のルートを通じて輸入して、厚生労働省へ薬事申請書を提出しております。

    がん遺伝子治療をおこなう場合は必ず正規のルートを通じて日本に輸入されているかご確認ください。 当サポートセンターは国内で科学的安全性および倫理性を確保し遺伝子治療の推進をしています。

    2006年、日本でガン遺伝子治療サポートセンター主導による最初の遺伝子治療が行われました。

    ※明確な薬理作用の効果を証明することは公的な第三者が厳密なルールに沿って臨床試験を行います。

    多くの免疫治療や遺伝子治療は公的な制度で明確な有効性、科学的根拠は確認されていません。
    再発や転移をした場合も同様です。

ご注意と重要なお知らせ

最近RT181(cdc6)と類似した薬剤を使用した療法をおこなっているクリニックもありますが、国内で製造された遺伝子治療薬は厚生労働省の承認は得られておりません。(一部の大学病院、専門病院で行っている治験は除く)正規の遺伝子治療薬は、RT181 cdc6 「核酸活性タンパク複合体」です。

国内で製造した医薬品を販売・授与するためには、通常、医薬品製造販売業許可及び医薬品製造業許可が必要となります。さらに、許可のほかに、原則、取り扱う品目ごとに医薬品製造販売承認(認証)を取得する必要があります。医薬品は有効性及び安全性の確保等に関する法律により規制されています。国内では、遺伝子治療薬の医薬品製造業許可は認証されていません。

遺伝子治療薬RT181(cdc6)は海外の政府系医療機関が安全性と効果を確認して承認されておりますが、日本では厚生労働省の承認が得られなく国内では保険適用になっていない薬剤です。 海外から遺伝子治療薬を輸入するためには厚生労働省への薬事申請が必要です。

遺伝子治療薬の投与量
1回の投与が1ccで数クールおこなってもがん細胞の数に対して薬剤の投与量が少なく、がん細胞の増殖が完全に止まらないために効果が得られません。 2cc単位で投与しないと遺伝子治療の本来の効果は期待できませんのでご注意ください。

遺伝子治療をお受けになる方は、希釈する前の薬剤は2ccかどうかとても重要な事ですので、必ずご確認してください。 遺伝子治療薬RT181(cdc6)は2cc中に40億個分のがん細胞に反応するCDC6shRNAが含有されております。

ガン遺伝子治療サポートセンターの遺伝子治療薬は正規のルートを通じて輸入して、厚生労働省へ薬事申請書を提出しております。

がん遺伝子治療をおこなう場合は必ず正規のルートを通じて日本に輸入されているかご確認ください。
当サポートセンターは国内で科学的安全性および倫理性を確保し遺伝子治療の推進をしています。

がん遺伝子治療のご相談を承っております

ガン遺伝子治療サポートセンターでは治療は行っておりませんが、メールやフリーダイヤルの電話でご相談を承っております。

0120-700-107
電話相談は無料です。
平日/土曜日、朝10時より午後6時迄です

特定非営利活動法人 ガン遺伝子治療サポートセンター
事務局
株式会社 グラフィティ メディカルサポート
〒400-0025 山梨県甲府市朝日2-13-11
TEL 055-253-5337(代)