Q&A よくある質問

サポートセンターへお寄せいただくご質問の中から、よくある質問にお答えさせていただきます。


ガン遺伝子治療とガンワクチンの違いがわかりません?


ガンワクチンはペプチド、樹状細胞を用いた治療などが知られています。
体内の抗原細胞(樹状細胞)HLA(ヒト白血球抗原)がペプチドを認識し、キラーT細胞にそのペプチド情報が伝達され、このペプチドを認識するようになったキラーT細胞がガン細胞をアポトーシスさせる治療法です。

ペプチドワクチンの作用メカニズムから考えると、ペプチドを投与して体内でガン細胞に対して有効なT細胞が誘導されるまでに少なくとも2〜3カ月の時間が必要です。

ガン遺伝子治療は、ガン抑制遺伝子を活性化させ、ガンの増殖を抑制させます。抑制遺伝子としてp53、pRBの二つのタンパク質が知られています。遺伝子レベルで、変異した核タンパク質のp53遺伝子などを正常化させます。さらにガン細胞の抗原を認識して直接、ガン細胞に作用し、ガン細胞を正常細胞におきかえる作用があります。

ガンが増殖する過程で変異したガン抑制遺伝子を、正常なガン抑制遺伝子に戻す治療です。投与後の効果は比較的早く見られます。 ガンワクチンとガン遺伝子治療は現在治験の段階です。


通院でガン遺伝子治療はうけられますか?


全身投与する場合は点滴でうけられます。時間は60分位です。
腫瘍内直接投与の場合は処置時間も含めて30分〜60分位です。通院での治療は可能です。治療は予約制になっておりますのでサポートセンターにご相談ください。


遺伝子治療はどの部位に発生したガンでも効果が期待できますか?


遺伝子治療は変異した遺伝子を正常な遺伝子におきかえる作用があります。p53遺伝子などの異常によりガン化した細胞では、損傷を受けたDNAが修復されることなく複製され、変異の頻度が増加してしまいます。

遺伝子治療はガン細胞に「核酸活性タンパク複合体」を導入することによってガン細胞の増殖を抑制させ、p53遺伝子などを正常化させる治療です。RT181はガン細胞に対して非常に強力な抑制効果があります。


進行したガンや転移したガンの有効性はありますか?


ガン遺伝子はもともと正常細胞がもっている細胞の増殖や分化の作用をおこなう遺伝子です。p53遺伝子などが変異した場合、細胞がガン化します。

最近の研究でもガンの転移のメカニズムは完全に解明されていません。RT181は異常な遺伝子を正常化させる薬剤です。進行したガンにもガン細胞の修復機構をたすける作用があります。

正常なDNAが放射線療法や化学療法でダメージをうけた場合でも正常細胞の遺伝子にはダメージをあたえません。ガンが進行した場合や転移がある場合でも遺伝子治療はガンを抑制する作用がありますので有効性はあります。


化学療法を受けていますが遺伝子治療は受けられますか?


すぐれた抗がん剤や分子標的薬が開発され臨床の場で使用されると確かに治療成績も向上しますが、現段階ではまだ化学療法(抗がん剤や分子標的薬)で完全治癒に持っていくことはむずかしいと思います。

化学療法は正常細胞にもダメージを与えます。副作用を伴わない程度の投与量で治療を続ければ薬剤の耐性もでてきます。
遺伝子治療はガン細胞のDNAに直接作用して異常な遺伝子を正常化させる効果があります。

ガン細胞を正常細胞に戻す遺伝子を導入する能力がすぐれているのはレンチウイルスです。レンチウイルスを構成する遺伝子にはDNAとRNAがあります。逆転写してガン細胞の染色体に組み込まれます。無毒化されたレンチウイルスを用いてガン細胞に特異的に感染させますので正常な細胞には作用しないので副作用は非常に少ないことがわかっています。化学療法との併用も診断の結果や病状で可能な場合もあります。

ご注意と重要なお知らせ

最近RT181(cdc6)と類似した薬剤を使用した療法をおこなっているクリニックもありますが、国内で製造された遺伝子治療薬は厚生労働省の承認は得られておりません。(一部の大学病院、専門病院で行っている治験は除く)正規の遺伝子治療薬は、RT181 cdc6 「核酸活性タンパク複合体」です。

2006年、日本でガン遺伝子治療サポートセンター主導による最初の遺伝子治療が行われました。

国内で製造した医薬品を販売・授与するためには、通常、医薬品製造販売業許可及び医薬品製造業許可が必要となります。さらに、許可のほかに、原則、取り扱う品目ごとに医薬品製造販売承認(認証)を取得する必要があります。医薬品は有効性及び安全性の確保等に関する法律により規制されています。国内では、遺伝子治療薬の医薬品製造業許可は認証されていません。

遺伝子治療薬RT181(cdc6)は海外の政府系医療機関が安全性と効果を確認して承認されておりますが、日本では厚生労働省の承認が得られなく国内では保険適用になっていない薬剤です。 海外から遺伝子治療薬を輸入するためには厚生労働省への薬事申請が必要です。

遺伝子治療薬の投与量
1回の投与が1ccで数クールおこなってもがん細胞の数に対して薬剤の投与量が少なく、がん細胞の増殖が完全に止まらないために効果が得られません。 2cc単位で投与しないと遺伝子治療の本来の効果は期待できませんのでご注意ください。

遺伝子治療をお受けになる方は、希釈する前の薬剤は2ccかどうかとても重要な事ですので、必ずご確認してください。 遺伝子治療薬RT181(cdc6)は2cc中に40億個分のがん細胞に反応するCDC6shRNAが含有されております。

ガン遺伝子治療サポートセンターの遺伝子治療薬は正規のルートを通じて輸入して、厚生労働省へ薬事申請書を提出しております。がん遺伝子治療をおこなう場合は必ず正規のルートを通じて日本に輸入されているかご確認ください。 当サポートセンターは国内で科学的安全性および倫理性を確保し遺伝子治療の推進をしています。

がん遺伝子治療のご相談を承っております

ガン遺伝子治療サポートセンターでは治療は行っておりませんが、メールやフリーダイヤルの電話でご相談を承っております。

0120-700-107
電話相談は無料です。
平日/土曜日、朝10時より午後6時迄です

特定非営利活動法人 ガン遺伝子治療サポートセンター
事務局
株式会社 グラフィティ メディカルサポート
〒400-0025 山梨県甲府市朝日2-13-11
TEL 055-253-5337(代)